シッカリ噛める歯で健康づくり|インプラントで万全な歯

medical nurse

前後の注意

治療を受けるときの注意事項

medical nurse

歯を失った時の治療法としては、入れ歯やブリッジの他にインプラント治療があります。インプラントは耐久性が高く、自分の歯のような感覚で物を噛むことができるというメリットがありますが、治療を受ける上でいくつかの注意点があります。 まず、インプラント治療は外科手術が必要となります。現在では手術の手法は多種多様で、歯の土台となる骨の状態や歯科医院によって異なります。手術は歯科医師の技量によるところも大きいので、治療実績の確認や説明で似た症例を提示してくれるかなど、医院選びは慎重に行うことが望まれます。 さらに、インプラント治療は自由診療であり、費用は高額となりますので、治療開始前に複数の歯科医院を受診してみることをお勧めします。

インプラント手術の前後には

インプラント治療は医院選びだけでなく、本人の心構えも重要になります。インプラント手術前には十分な休養や栄養を取ることなどに加え、禁煙することが必要です。様々な点で喫煙の害は指摘されていますが、インプラント治療においても例外ではなく、手術の成功率にも関係してきます。 タバコを吸っていると骨の代謝や血流が悪くなり、傷の治りの遅れや感染症にかかる可能性が高くなりますので、インプラント手術を受けることができません。また、喫煙はインプラントの周囲の組織に悪影響を与え、歯周病を引き起こすこともありますので、手術後も禁煙を続けることが重要です。 せっかく高額な治療を受けてもインプラントを抜かなければならなくなってしまわないように、治療後も歯科医院で定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。